2014.1.12

 
 
 
54

 
 
 
昨年12月。地域のクリスマス会で、小学生を対象にワークショップを行いました。

人数は80名。時間は固め終わりでの完成を含め1時間半。

色とりどりのブロックを用意し、芯を付けた紙コップにブロックを積み上げていく。

初心者・子どもでも手軽に作れるキャンドル。
 
 
ブロックで固いロウソクに触れる。溶けたロウソクを流し込む。

容器に入っているとはいえ、高温で溶かされたワックスを子どもに触れさせることには
安全管理面でリスクがあり、流し込みは参加者に触れさせないという選択肢もあるが、
ロウソク(ワックス)という素材の固まった状態と溶けている状態を体感してほしかった。
 
 
色ごとに並べ方にこだわる子もいれば、大胆に積む子がいたり。
ブロックを少し残して、大事そうに握りしめ持ち帰る子どもがいたり。
紙コップをはがした時に声が上がる。
子どもの好奇心と感性が溢れる。
 
 
スタッフ2人で大慌てでしたが、乗り切り楽しんで頂けました。

お家でクリスマスに灯してくれたかな〜。